金欠とはいえ我慢をしすぎない

金欠とはいえ我慢をしすぎない

金欠になってしまったら、出来るだけ出費を控えるためにいろいろな節約をすることになります。節約をするということはすなわち、我慢をするということです。しかし、ここで覚えておいて欲しいのは、我慢をしすぎてもいけないということです。自分に甘くなっても良いということではありませんが、適度な我慢をすることで節約の効率が良くなることを覚えておいてください。

 

我慢に我慢を重ねることは悪いことではありません。しかしそれが自分の許容範囲を超えるようだと悪影響をおよぼしてしまいます。我慢した分反動が大きくなりやすいので、そうならないように適度なガス抜きが必要になります。最初から大きな目標を掲げるのも結構なことですが、小さな目標から取り掛かった方が成功する可能性は高くなります。

 

食費を抑える場合も、ずっと抑えたままでいるよりも所々でちょっと奮発するくらいにした方が良いでしょう。お金を貯めるということではマイナスになることかもしれませんが、その方が長く継続しやすくなるからです。もちろん甘すぎるとぜんぜん節約にならないので、そのことも含めて考えていかなければいけません。

 

金欠になってしまうということは、ほとんどの場合原因は自分にあります。最初のうちはその反動でやる気に満ちているかもしれませんが、長期間続けるとその意識を保てなくなる場合が多いのです。一刻も早く何とかしなければいけないとはやる気持ちもあるでしょうが、そのせいでストレスが溜まってしまい心が荒むことがないようにしてください。