年末年始のお休みで金欠になったときの簡単にできる対処法とは

今年も年が明け、生活サイクルもだんだんと普通に戻ってきた頃だと思いますが、年末年始の連休でお金をだいぶ使い過ぎて、あなたは金欠になっていませんか?

年末年始の正月休みで実家に帰省したり、同窓会への出席、小中高の同級生と遊んだり呑みに行ったり、場合によっては親戚の子供たちにお年玉をあげたりと、何かとお金を使う場面はたくさんあったんじゃないかと思いますが。。。

それとも、正月にゲームのガチャで課金し過ぎたとか?(それを言うなー!耳が痛いですw)

給料日まであと半月もあるけど、どうやって金欠を乗り切る?

さて、次の給料日までは、あと半月くらいでしょうか?(この記事を書いているのが1月9日なので)

まだまだ先は長いですよね?

いやいや、ボーナス貰ったばかりでしょ!だって?

はぁ?いつの話よ!(笑)

ぶっちゃけ、年末年始でなってしまった金欠を乗り切るためには、支出を減らすしかないですよね。

給料日まで手持ちのお金で間に合えばいいのですけど。

まずは、無駄な支出をできるだけ減らしましょう。

  • ソシャゲのガチャで課金するのをやめる
  • 外食をやめて自炊する
  • ジュースやビールを買うのを控えて水を飲む
  • コンビニをやめてスーパーを使う

などなど、頑張って給料日までお金を節約してみましょう。

慢性的な金欠でない限り、この辺だけをすこし対応してみれば給料日までは何とかなるはずです。

どうやっても給料日までお金が足りないときは

いくら節約を頑張っても、それでも物理的にお金が足りてないときがあると思います。

年末年始で作った金欠はそれくらい厳しです。

今日が1月9日だとして、給料日の1/25までは後16日。

毎日1000円だけ使うように節約するとしても、16日間で1万6千円必要な計算なのに、手元には3千円しかない。

1万3千円も足りていない、そんなケースです。(都内で一人暮らしの会社員の場合、一日1000円ではハッキリ言ってお金が足りません。なんだかんだ言って、2~3千円くらいは毎日使っています。)

そんなときはもう、誰かにお金を借りるしかありませんよね。

簡単にお金を借りられるのは親です。

素直にお願いしてみましょ。(年末年始の休みで実家に行って親と一緒に居るなら今がお願い時です)

頭をさげて懇願すれば、親なら3万円くらいすぐに貸してくれますよ。(親にもよりますが。。。)

それか、クレジットカードを持っているなら、クレジットカードのキャッシング枠を使ってみるのもいいかもしれません。

クレジットカードならコンビニATMからでもキャッシングできるはずです。(クレカでキャッシングするためにはキャッシング枠が必要ですので、自分のクレカにキャッシング枠があるかないか確認してみてください)

親に頼れず、クレカを持ってないときは、会社の同僚や、彼氏彼女、友達、あるいは消費者金融に頼るのもありです。

この中なら友達関係を壊すことなくお金を借りられる消費者金融がいいと思います。

消費者金融の場合、はじめて利用する方には何日間は金利0円とかのサービスもあったりしますので、クレカのキャッシングするよりも断然お得になる場合が多いです。

次の年末年始で金欠にならないためにしておくこと

年末年始の金欠は今回で終わりにしましょう。

次の年末年始では金欠にならないために毎月少しずつでも貯金しておきましょうね。

500円玉貯金なんかおすすめですよ。気が付いたら結構たまってますから。

それと、万一に備えて、クレカくらいは1~2枚作っておくのもいいと思います。なにしろ、今はキャッシュレスの時代ですからね~。

楽天カードなんか作っておけばおkです。別に使わなくても、もっているだけで安心ですし。

他に好きなカードがあればそれでもいいです。

Paypayをよく使っているならYahooカードでもいいです。

とにかくカードを持ってないならカードくらいは作っておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました