金欠病とは

金欠病とは

金欠病とは、何も身体に起こる病気ではありません。単純にお金がない金欠状態のことを指しているだけです。一時的なものならそれだけのことですが、それが慢性的なものとなると、もはや病気のようだということで金欠病と呼ばれているのです。

 

金欠病になる原因は生活習慣にあります。お金の管理ができないということは、生活が乱れていることの証拠です。お金がある人なら散財しても良いのですが、そんなにお金がない人が無駄遣いしてしまうとすぐに金欠状態になってしまいます。それがわかっているのに使ってしまう、出費がどうなのか把握していないということは生活習慣の乱れと言ってよいでしょう。

 

この病気を治すためには、自分自身の意識を改革していくしかありません。薬を使って治せるものならみんな治しています。結局これは本当の病気ではなく自分の意志の問題なのですから、全部自分の責任なのです。そのときはなんとかなるだろうと考えていても、実際にピンチにならなければ思い知ることはありません。早い段階で引き返せるのなら、そもそも金欠病になるはずがないのです。

 

治療方法は自分の意志次第という曖昧なものですが、けっして治せないわけではありません。お金のことで苦しいのなら誰かに相談してみるのも一つの方法です。もちろん、ただお金を貸してくれということは相談とは言わないので、そこは勘違いしないでください。節約するためのテクニック、ちょっとしたお小遣い稼ぎの方法、どうやったら自粛できるのかということも含めて相談すれば、きっとよい解決策が見つかるはずです。