金欠のつらさ

人によって認識の違いが多少あるかと思いますが、お金というものがどれだけ重要なものなのかは皆さんわかっていることでしょう。

特に自分のお金で生活している人にとっては、お金の有る無しがどれだけ重要なことなのかは言うまでもなく理解できているはずです。

金欠とはお金がない状態のことを言いますが、本当の意味で、その辛さを味わったことがあるという人は、社会全体の中ではそれほど多くありません。

金欠にも程度の違いがある

金欠にも程度の違いがあり、ただ自由にできるお金がない状態というものもあれば、生活に困るレベルでお金に困っているという場合もあります。

おそらく前者であれば、多くの人が一度は経験したことがあるはずです。

しかし、後者ともなると、それほど経験をしている人は多いわけではありません。

親戚や友人にお金を借りることができれば、つらいとは言え本当に追い込まれた状況にはならないからです。

その範疇すら超えてしまうと、本当の意味での金欠になってしまいます。

金欠になってみなければ本当の辛さは分からない

ここまで難しく考える必要はないかもしれませんが、本当にお金がない状態のつらさは実際に金欠になってみなければわかりません。

否応無くそういう状態になってしまったという人もいれば、分かっているのにそうなってしまったという人も多くいます。

どれほど辛いのかは想像できるかもしれませんが、本当に追い詰められた時の精神状態は想像の限界をはるかに超えるものです。

そのようなことが起こらないようにするためにも、しっかりとお金を管理して金欠にならないように気をつけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました